学会発表・論文実績・著書

受賞歴

令和1年

臨床薬理学会 学術論文賞(2019)受賞

平成31年

Alimentary Pharmacology & Therapeutics誌
(Impact factor 2018: 7.731)より
Citation Award (2018)受賞

平成30年

浜松医科大学同窓会松門会 第23回学術奨励賞受賞

平成29年

第37回臨床薬理学会総会にて優秀演題賞受賞

平成29年

Digestive Disease Week Conference 2017, Chicago,
USAでLecture presenter (口演)に2年連続で選抜

平成28年

日本消化器病学会若手研究者のための
国際学会参加費用の一部助成(DDW2016)対象に選抜

平成28年

Digestive Disease Week (American Gastroenterological Association) Conference 2016, San Diego,
USAにてLecture presenter (口演)に選抜され、Early Stage Investigator賞受賞

論文実績

2020年

Kagami T, Yamade M, Suzuki T, Uotani T, Tani S, Hamaya Y, Iwaizumi M,
Osawa S, Sugimoto K, Miyajima H, Baba S, Sugimura H, Murai J, Pommier Y,
Furuta T. The first evidence for SLFN11 expression as an independent
prognostic factor for patients with esophageal cancer after
chemoradiotherapy. BMC Cancer. 2020 Nov 20;20(1):1123.

Furuta T, Yamade M, Kagami T, Suzuki T, Higuchi T, Tani S, Hamaya Y,
Iwaizumi M, Miyajima H, Umemura K, Osawa S, Sugimoto K. Influence of
clarithromycin on the bactericidal effect of amoxicillin in patients
infected with clarithromycin-resistant strains of H. pylori Gut. 2020
Nov;69(11):2056.

Ishida N, Miyazu T, Matsuura T, Takano R, Tamura S, Kagami T, Tani S,
Yamade M, Hamaya Y, Iwaizumi M, Osawa S, Furuta T, Sugimoto K. Effect
of ulcerative colitis duration on the usefulness of immunochemical
fecal occult blood test result as a disease activity biomarker. Int J
Colorectal Dis. 2020 Sep;35(9):1729-1739.

古田 隆久  山出 美穂子, 鏡 卓馬, 鈴木 崇弘, 樋口 友洋, 谷 伸也,
魚谷 貴洋, 鈴木 聡, 岩泉 守哉, 濱屋 寧, 大澤 恵, 杉本 健.
【酸分泌抑制薬の功罪】胃 PPI長期投与と胃カルチノイド(解説/特集),
消化器内視鏡 (0 9 1 5 – 3 2 1 7)328 Page1158-1165(2020.08)

古田 隆久山出 美穂子, 鏡 卓馬樋口 友洋鈴木 崇弘 
2剤Vonoprazan/Amoxicillin療法によるH.pylori除菌療法の有用性(総説) 
潰瘍 (2 1 8 9 – 7 9 5 6)47 Page4-12(2020.07)

Ishida N, Miyazu T, Sugiyama T, Tamura S, Kagami T, Tani S, Yamade M,
Iwaizumi M, Hamaya Y, Osawa S, Furuta T, Sugimoto K. The effect of
early trough level of infliximab on subsequent disease course in
patients with Crohn disease: A prospective cohort study
Medicine (Baltimore). 2020 Jul 17;99(29):e21226.

Suzuki K, Yamamoto M, Suzuki Y, Kawamura T, Kamishima M, Sakata M, Harada
T, Kagami T, Tani S, Yamade M, Hamaya Y, Osawa S, Sugimoto K, Kurachi K,
Takeuchi H. A rectal neuroendocrine tumor in a patient with Crohn’s
disease: a case report and literature review. Clin J Gastroenterol.
 2020Jun;13(3):320-327.

Ishida N, Miyazu T, Takano R, Tamura S, Tani S, Kagami T, Yamade M,
Hamaya Y, Iwaizumi M, Osawa S, Furuta T, Miyajima H, Sugimoto K.
Prostaglandin E-major urinary metabolite versus fecal immunochemical
occult blood test as a biomarker for patient with ulcerative colitis.
BMC Gastroenterol. 2020 Apr 19;20(1):114

Takeuchi T, Furuta T, Fujiwara Y, Sugimoto M, Kasugai K, Kusano M, Okada
H, Suzuki T, Higuchi T, Kagami T, Uotani T, Yamade M, Sawada A, Tanaka
F, Harada S, Ota K, Kojima Y, Murata M, Tamura Y, Funaki Y, Kawamura O,
Okamoto Y, Fujimoto K, Higuchi K. Randomised trial of acid inhibition
by vonoprazan 10/20 mg once daily vs rabeprazole 10/20 mg twice daily
in healthy Japanese volunteers (SAMURAI pH study).  Aliment Pharmacol
Ther. 2020 Mar;51(5):534-543.

Furuta T, Yamade M, Kagami T, Suzuki T, Higuchi T, Tani S, Hamaya Y,
Iwaizumi M, Miyajima H, Umemura K, Osawa S, Sugimoto K.Influence of
clarithromycin on the bactericidal effect of amoxicillin in patients
infected with clarithromycin-resistant strains of H. pylori Gut.
2020 Feb 12.

2019年

武部 友寛, 松浦 友春, 高野 亮佑, 鏡 卓馬, 山出 美穂子, 濱屋 寧,
谷 伸也, 大澤 恵, 杉本 健, 宮嶋 裕明, 部痛を契機に発見された大網原
Castleman病の1(原著論文/症例報告), 日本内科学会雑誌 (0 0 2 1 – 5 3 8 4)10
12 Page2531-2536(2019.12)

Suzuki K, Yamamoto M, Suzuki Y, Kawamura T, Kamishima M, Sakata M, Harada
T, Kagami T, Tani S, Yamade M, Hamaya Y, Osawa S, Sugimoto K, Kurachi K,
Takeuchi H.A rectal neuroendocrine tumor in a patient with Crohn’s
disease: a case report and literature review.Clin J Gastroenterol. 2019Nov 8.

Furuta T, Yamade M, Kagami T, Uotani T, Suzuki T, Higuchi T, Tani S,
Hamaya Y, Iwaizumi M, Miyajima H, Umemura K, Osawa S, Sugimoto K. Dual
Therapy with Vonoprazan and Amoxicillin Is as Effective as Triple Therapy
with Vonoprazan, Amoxicillin and Clarithromycin for Eradication of
Helicobacter pylori. Digestion. 2019 Aug 21:1-9

Ikeda S, Kagami T, Tani S, Uotani T, Yamade M, Hamaya Y, Morita Y,
Sakaguchi T, Osawa S, Sugimoto K. Decompressive laparotomy for abdominal
compartment syndrome resulting from severe acute pancreatitis: a case
report. BMC Gastroenterol. 2019 Aug 8;19(1):141.

古田 隆久, 山出 美穂子, 魚谷 貴洋, 鏡 卓馬, 樋口 友洋, 鈴木 崇弘.
A型胃炎最新の知見】自己免疫性胃炎とH. pylori感染とその除菌との関
(解説/特集). 胃と腸 (0 5 3 6 – 2 1 8 0)547 Page1036-1041(2019.06)

古田 隆久, 山出 美穂子, 魚谷 貴洋, 鏡 卓馬, 樋口 友洋, 鈴木 崇弘.
自免疫性胃炎とH.pylori感染とその除菌との関連(解説).
日本ヘリコバクター学会誌 (2 1 8 7 – 8 0 0 5)211 Page30-33(2019.05)

2018年

Kagami T, Yamade M, Suzuki T, Uotani T, Hamaya Y, Iwaizumi M, Osawa S,
Sugimoto K, Umemura K, Miyajima H, Furuta T: Comparative study of
effects of vonoprazan and esomeprazole on anti-platelet function of
clopidogrel or prasugrel in relation to CYP2C19 genotype. Clin
Pharmacol Ther 103(5): 906-913, 2018.

Kagami T, Furuta T. Response to “CYP-Mediated Drug-Drug Interaction Is
Not a Major Determinant of Attenuation of Antiplatelet Function of
Clopidogrel by Vonoprazan”. Clin Pharmacol Ther. 104(1):33-34, 2018.

Kagami T, Yamade M, Suzuki T, Uotani T, Tani S, Hamaya Y, et al. High
expression level of CD44v8-10 in cancer stem-like cells is associated
with poor prognosis in esophageal squamous cell carcinoma patients
treated with chemoradiotherapy. Oncotarget. 2018;9(79):34876-88.

Furuta T, Baba S, Yamade M, Uotani T, Kagami T, Suzuki T, et al. High
incidence of autoimmune gastritis in patients misdiagnosed with two or
more failures of H. pylori eradication. Alimentary pharmacology &
therapeutics. 2018;48(3):370-7.

Sahara S, Sugimoto M, Ichikawa H, Kagami T, Sakao Y, Ohashi N, et al.
Efficacy of Reduced Dosage of Amoxicillin in an Eradication Therapy for
Helicobacter pylori Infection in Patients on Hemodialysis: A Randomized
Controlled Trial. Digestion. 2018;97(2):163-9.

Suzuki T, Kagami T, Uotani T, Yamade M, Hamaya Y, Iwaizumi M, Osawa S,
Sugimoto K, Miyajima H, Furuta T: Comparison of effect of an increased
dosage of vonoprazan versus vonoprazan plus lafutidine on gastric acid
inhibition and serum gastrin. Eur J Clin Pharmacol 74(1): 45-52, 2018.

Sugimoto M, Sahara S, Ichikawa H, Kagami T, Ban H, Otsuka T, Andoh A,
Furuta T: Four-times-daily Dosing of Rabeprazole with Sitafloxacin,
High-Dose Amoxicillin, or Both for Metronidazole-Resistant Infection
with Helicobacter pylori in Japan.
Helicobacter 22(1) DOI: 10.1111/hel.12319.

2017年

Furuta T, Sugimoto M, Kodaira C, Nishino M, Yamade M, Uotani T, Sahara S,
Ichikawa H, Kagami T, Iwaizumi M, Hamaya Y, Osawa S, Sugimoto K,
Umemura K: Influence of low-dose proton pump inhibitors administered
concomitantly or separately on the anti-platelet function of clopidogrel.
J Thromb Thrombolysis 43: 333-342, 2017.

古田隆久, 山出美穂子, 魚谷貴洋, 鏡 卓馬, 鈴木崇弘:
【迅速診断キットの現状その長所・改良すべき点
H. pylori感染の迅速診断法. 臨とウイルス 45: 78-81, 2017.

古田隆久, 山出美穂子, 魚谷貴洋, 鏡 卓馬, 鈴木崇弘:
Helicobacter pylori感染症を巡る新たな展開】
H. pyloriの除菌と耐性菌への対応.
Medical Technol 45: 719-725, 2017.

古田隆久, 山出美穂子, 市川仁美, 鏡 卓馬, 鈴木崇弘, 魚谷貴洋:
Helicobacter pylori除菌治療におけるP-CAB登場のインパクト】
P-CABを用いたHelicobacter pylori三次除菌療法.
Helicobacter Res 21: 44-47, 2017.

2016年

山出美穂子, 市川仁美, 鏡 卓馬, 鈴木崇弘, 古田隆久:
Helicobacter pylori
感染症 
認定医スキルアップ講座(スキルアップ10) 
除菌治療時に注意すべき併用薬物とは?.
Helicobacter Res 20: 536-539, 2016.

古田隆久, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬:
消化器治療薬の選び方・使い方専門医が教える治療と薬の一工夫】
H. pylori除菌の薬物療法と一工夫.
薬事 58: 25-31, 2016.

古田隆久, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬:
除菌後血清ペプシノゲン(PG)値からの除菌前の萎縮性胃炎、
PG法の陽性・陰性の推定.
日消がん検診誌 54: 52-58, 2016.

Kagami T, Sahara S, Ichikawa H, Uotani T, Yamade M, Sugimoto M, Hamaya
Y, Iwaizumi M, Osawa S, Sugimoto K, Miyajima H, Furuta T: Potent acid
inhibition by vonoprazan in comparison with esomeprazole with reference
to CYP2C19 genotype. Aliment Pharmacol Ther. 43: 1048-1059, 2016.

Kagami T, Sahara S, Ichikawa H, Uotani T, Yamade M, Sugimoto M, Hamaya
Y, Iwaizumi M, Osawa S, Sugimoto K, Miyajima H, Furuta T: Letter:
probing the consequences of potent acid inhibition by vonoprazan-authors’ reply.
Aliment Pharmacol Ther 44: 305, 2016.

Sugimoto M, Hasegawa T, Nishino M, Sahara S, Uotani T, Ichikawa H,Kagami T
, Sugimoto K, Yamato Y, Togawa D, Kobayashi S, Hoshino H, Matsuyama Y,
Furuta T: Improvement of gastroesophageal reflux disease in Japanese
patients with spinal kyphotic deformity who underwent surgical spinal correction.
Dig Endosc 28: 50-58, 2016.

Yoshizawa Y, Sugimoto M, Sato Y, Sahara S, Ichikawa H,Kagami T, HosodaY,
Kimata M, Tamura S, Kobayashi Y, Osawa S, Sugimoto K, Miyajima H, Furuta T
: Factors associated with healing of artificial ulcer after
endoscopic submucosal dissection with reference to Helicobacter pylori
infection, CYP2C19 genotype, and tumor location: Multicenter randomized trial. Dig Endsc 28: 162-172, 2016.

市川仁美, 杉本光繁, 佐原秀, 鏡 卓馬, 古田隆久: 難治性逆流性食道炎/NERDを診る】
CYP2C19
遺伝子多型の影響からみた難治性逆流性食道炎/NERDの治療の工夫.
消臨 19: 130-137, 2016.

杉本光繁, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬, 古田隆久: 高用量PPI投与をベースとした
シタフロキサシン/メトロニダゾール療法の有用性.
日ヘリコバクター会誌 17: 50-53, 2016.

 

2015年

Kagami T, Sugimoto M, Ichikawa H, Sahara S, Uotani T, Yamade M, Hamaya
Y, Iwaizumi M, Osawa S, Sugimoto K, Miyajima H, Furuta T: One-day front
loading with four doses of rabeprazole provides sufficient acid
inhibition in rapid metabolizers of CYP2C19. Eur J Clin Pharmacol 71:
1467-1475, 2015.

古田隆久, 杉本光繁, 山出美穂子, 魚谷貴洋, 佐原秀, 市川仁美,鏡 卓馬:
【ますます臨床利用が進む遺伝子検査その現状と今後の展開そして課題
(第3)生殖細胞系列遺伝学的検査の臨床応用 ファーマコゲノミクス検査
最前線 ホストと感染因子の遺伝子関連検査を組み合わせた感染症の治療 
リコバクターピロリにおける遺伝学的検査の臨床応用.
遺伝子医 MOOK 28:128-135, 2015.

古田隆久, 杉本光繁, 山出美穂子, 魚谷貴洋, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬:
ピロリ菌除菌のテーラーメイド医療. 検と技 43: 566-573, 2015.

Sugimoto M, Sahara S, Ichikawa H, Kagami T, Uotani T, Furuta T: High
Helicobacter pylori cure rate with sitafloxacin-based triple therapy.
Aliment Pharmacol Ther 42: 477-483, 2015.

2014年

Furuta T, Sugimoto M, Yamade M, Uotani T, Sahara S, Ichikawa H, Kagami T
, Yamada T, Osawa S, Sugimoto K, Watanabe H, Umemura K: Eradication of
pylori infection in patients allergic to penicillin using triple
therapy with a PPI, metronidazole and sitafloxacin. Intern Med 53: 571575, 2014.

Sugimoto M, Shirai N, Nishino M, Kodaira C, Uotani T, Sahara S, Ichikawa
H, Kagami T, Sugimoto K, Furuta T: Comparison of acid inhibition with
standard dosages of proton pump inhibitors in relation to CYP2C19
genotype in Japanese. Eur J Clin Pharmacol 70: 1073-1078, 2014.

古田貴久, 杉本光繁, 魚谷貴洋, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬:
【ヘリコバクー・ピロリ感染胃炎を診る、治す】 H. pylori胃炎診療の実際 
エキスパーからのアドバイス H. pylori二次除菌失敗例に対する診療.
臨消内科 29: 317-324, 2014.

古田隆久, 杉本光繁, 魚谷貴洋, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬:
Helicobacterpylori耐性菌の現況とその対策】 アモキシシリン耐性の機序とその対策.
Helicobacter Research 18: 142-148, 2014.

古田隆久, 杉本光繁, 山出美穂子, 魚谷貴洋, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬:
【感染症ガイドラインoverview】 ヘリコバクター感染症に関するガイドライン.
感染症内科 2: 497-504, 2014.

古田隆久, 杉本光繁, 魚谷貴洋, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬: 個別化医療
向けた低用量アスピリン起因性胃粘膜傷害に対するリスク予測.
臨薬理の進捗35: 87-94, 2014.

杉本光繁, 西野眞史, 魚谷貴洋, 山出美穂子, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬,
古田隆久: 脊椎矯正術を要する高度脊柱変形高齢者における逆流性食道炎と
食道酸逆流の特徴 脊椎矯正術は、脊椎後彎症によるGERDのリスクを減らか ?.
Therapeutic Reserch 35: 400-404, 2014.

杉本光繁, 魚谷貴洋, 佐原秀, 市川仁美, 鏡 卓馬, 古田隆久:
GERDと生習慣病】 高度脊柱変形高齢者におけるGERD発症.
消化器内科 59: 320-326,2014.

 

著書

2019年

鏡 卓馬, 山出美穂子, 鈴木崇弘, 魚谷貴洋, 古田隆久:
【主に成人期に見られる多因子疾患の遺伝医学研究・診療各論20】
感染症における宿主の遺伝的多様性と病態.
遺伝子医MOOK別冊最新遺伝医学研究と遺伝カウンセリングシリー 3
(最新多因子遺伝性疾患研究と遺伝カウンセリング) 

鏡 卓馬, 古田 隆久.
【モニタリングから介入まで 自信をもって対応できる薬物相互作用】
抗血小板薬とPPIとの薬物相互作用(解説/特集).
薬事(0 0 1 6 – 5 9 8 0)61巻4号 Page613-618(2019.03)

2015年

鏡 卓馬, 杉本光繁, 市川仁美, 佐原秀, 古田隆久:
【診療室・多職種協働の現場で活きる!歯科衛生士のための全身疾患ハンドブック】 
知っておきたい! 全身疾患の基礎知識と歯科診療における注意点
消化器疾患 胃潰瘍・十二指腸潰瘍.
デンタルハイジーン別冊診療室・多職種協働の現場で活きる!
歯科衛生士のための全身疾患ハンドブック 33-35, 2015

国際学会発表

2020年
Digestive Disease Week 2019(シカゴ)ポスターセッション

SLFN11 expression is associated with prognosis after chemoradiotherapy
in patients with esophageal cancer
(コロナパンデミックで開催中止となったが演題抄録がGastroenterology誌に アーカイブされている)

2019年
Digestive Disease Week 2019(サンディエゴ)ポスターセッション

Eradication ratio and adverse events incidence
in the aged patients’ Helicobacter pylori eradication

2018年
Digestive Disease Week 2018(ワシントンDC)ポスターセッション

CD44 variant 8-10 expression in cancer stem-like cell is associated
with poor prognosis in esophageal squamous cell carcinoma patients treated
with chemoradiotherapy

2017年
Digestive Disease Week 2017 (シカゴ) Research Forum 口演

Effect of vonoprazan on the anti-platelet function of
clopidogrel or prasugrel in relation to CYP2C19 genotype

2016年
Digestive Disease Week 2016 (サンディエゴ) Research Forum 口演

Gastric acid inhibition with vonoprazan and esomeprazole
in healthy Japanese subjects

2015年
23rd United European Gastroenterology Week (バルセロナ) ポスターセッション

New strategy for the quick achievement of potent gastric acid inhibition
in rapid metabolizer of CYP2C19 with one-day pretreatment
with four times dosing of rabeprazole

2014年
European Helicobacter study group 27th international workshop(ローマ)ポスターセッション

Reversal of endoscopic gastric atrophy during long term follow up
after H. pylori eradication      

Asian Pacific Digestive Week(バリ) ポスターセッション

Reversal of endoscopic gastric atrophy during long term follow up
after H. pylori eradication

国内学会発表

2021年
第127回 日本消化器内視鏡学会四国支部例会 シンポジウム

消化器がんの死亡者数の減少を目指して−大学、医療機関、地域での取り組み−
SLFN11 発現と食道癌患者の化学放射線療法後予後との関連

2020年
第16回日本消化管学会総会 一般講演口演

SLFN11発現と食道癌患者の化学放射線療法後予後との関連

2019年
第25回日本ヘリコバクター学会学術総会 ポスターセッション

Eradication ratio and adverse events
in the aged patients’ H. pylori eradication

第40回日本臨床薬理学会学術集会 学術論文賞受賞式 記念講演

VonoprazanのClopidogrelおよびPrasugrelの抗血小板効果への影響

第40回日本臨床薬理学会学術集会 ポスターセッション

SLFN11発現と食道癌患者の化学放射線療法後予後との関連

2018年
第24回日本ヘリコバクター学会学術集会 ポスターセッション

高齢者におけるH. pylori除菌療法の除菌率と副作用出現率

2017年
第103回日本消化器病学会総会 プレナリーセッション 口演

VonoprazanのClopidogrelおよびPrasugrelの抗血小板効果への影響

第38回日本臨床薬理学会学術集会 一般演題 口演

Esomeprazole/vonoprazan併用のclopidogrel及びprasugrelの
抗血小板作用への影響

2016年
第12回日本消化管学会総会 一般演題 口演

Esomeprazoleとvonoprazanの酸分泌抑制効果比較      

第48回胃病態機能研究会 一般演題 口演

Esomeprazoleとvonoprazanの酸分泌抑制効果比較

第102回日本消化器病学会総会 パネルディスカッション 口演

CYP2C19 遺伝子多型に関連したesomeprazoleとvonoprazanの治療効果比較      

第22回日本ヘリコバクター学会学術総会 ポスターセッション

Vonoprazan bid とesomeprazole bid の酸分泌抑制効果の比較とCYP2C19遺伝子多型の関連について      

第59回日本消化器病学会東海地方会 一般講演 口演  

CYP2C19 遺伝子多型に関連したesomeprazoleとvonoprazanの効果比較

2015年
第101回日本消化器病学会総会 一般演題 口演

Rabeprazoleによるローディング法の胃酸分泌抑制効果 
及びCYP2C19遺伝子多型の関連

第21回日本ヘリコバクター学会学術集会 ポスターセッション

Rabeprazoleによるローディング法の胃酸分泌抑制効果及び CYP2C19遺伝子多型の関連     

第57回日本消化器病学会大会 ポスターセッション  

Rabeprazoleによるフロントローディング法の胃酸分泌抑制効果及び CYP2C19遺伝子多型の関連      

第36回臨床薬理学会学術集会 シンポジウム 口演

H.pylori 除菌療法における胃酸分泌抑制  

第47回胃病態機能研究会 一般演題口演    

Rabeprazoleによるfront-loaded dosing regimenの胃酸分泌抑制効果及びCYP2C19遺伝子多型の関連

2014年
第56回日本消化器病学会大会 ポスターセッション

Reversal of endoscopic gastric atrophy during long term follow up
after H. pylori eradication

2013年
消化器病学会東海支部第118回例会 一般演題 口演

大腸全摘術後の難治性回腸嚢炎にinfliximabが奏功した潰瘍性大腸炎の1例

2012年
第10回臨床腫瘍学会学術集会 ポスターセッション

肝外門脈閉塞を背景とした胆管空腸吻合部静脈瘤破裂に対して
cyanoacrylate monomerによる内視鏡的静脈瘤硬化療法が奏功した一例

第218回日本内科学会東海地方会例会 一般演題 口演

慢性下痢を呈した自己免疫性膵炎の1例

2011年
第54回日本消化器内視鏡学会東海地方会 一般演題 口演

出血性直腸静脈瘤の一例

2010年
第79回日本消化器内視鏡学会総会 一般演題 口演

腸間膜リンパ節転移を契機に発見された小腸カルチノイドの一例

第212回日本内科学会東海地方会 一般演題 口演  

憩室内開口乳頭に膵胆管分離開口を合併した総胆管結石性胆管炎の1例

2009年
第110回日本消化器病学会東海支部例会

S状結腸転移を来した肺癌の一例

第51回日本消化器病学会大会  一般演題 口演

竹の節状外観を呈する胃病変を伴った潰瘍性大腸炎の1例、     

2008年
日本消化器病学会東海支部第106回例会 一般演題 口演

診断と治療に苦慮した自己免疫性肝炎の1例

招待講演

2021年
第 414回  浜松消化器病研究会

EAファーマ共催 早期結腸内分泌細胞癌が擬態するpseudo-glandular appearanceについて
Cast a new spotlight on the colon neuroendocrine carcinoma with pseudo-glandular appearance

静岡西部消化器がん免疫療法セミナー(浜松市)

ブリストル・マイヤーズ スクイブ共催
演題名:当院の胃がん症例におけるニボルマブの使用経験

2018年
Next G PLUS研究会 (東京都)

ゼリア新薬工業株式会社共催
食道癌における CD44v8-10 陽性細胞の予後への影響

GI club (浜松市)

アステラス製薬株式会社共催
PPI / P-CAB研究から食道癌幹細胞研究まで

Next symposium 最適治療を考える会 (岡山県岡山市)

アストラゼネカ共催
安全な酸関連疾患治療のために知っておくべき抗血小板薬と
胃酸分泌抑制薬の薬物間相互作用について

抗血栓療法トータルマネジメント(神奈川県伊勢原市)

第一三共株式会社共催
安全な酸関連疾患治療のために知っておくべき抗血小板薬と
胃酸分泌抑制薬の薬物間相互作用について

NEXT Lecture Meeting (愛知県名古屋市)

アストラゼネカ共催
安全な酸関連疾患治療のために知っておくべき抗血小板薬と
胃酸分泌抑制薬の薬物間相互作用について

酸関連疾患セミナー(鳥取県倉吉市)

第一三共株式会社共催
安全な酸関連疾患治療のために知っておくべき抗血小板薬と
胃酸分泌抑制薬の薬物間相互作用について

2017年
Next Lecture Meeting in 川口(埼玉川口市 2回目)

アストラゼネカ共催
安全な酸関連疾患治療のために知っておくべき薬物間相互作用について

浜松循環器Meeting (浜松市)

第一三共株式会社共催
安全な酸関連疾患治療のために知っておくべき抗血小板薬と
胃酸分泌抑制薬の薬物間相互作用について

Next Lecture Meeting (埼玉県川口市 1回目)

アストラゼネカ共催
安全な酸関連疾患治療のために知っておくべき抗血小板薬と
胃酸分泌抑制薬の薬物間相互作用について

Next Lecture Meeting (藤枝市)

アストラゼネカ共催
胃酸分泌抑制薬と抗血小板薬との薬物間相互作用について

2016年
静岡薬物治療研究会(浜松市)

武田薬品工業共催
CYP2C19 遺伝子多型に関連したesomeprazoleとvonoprazanの治療効果比較