過敏性腸症候群(IBS)

便通異常などが慢性的に続く過敏性腸症候群

過敏性腸症候群 便秘異常過敏性腸症候群(irritable bowel syndrome:IBS)とは、腹痛や腹部の不快感、便秘、下痢などが続く状態です。腫瘍や炎症などといった器質的な要因ではなく、腸の蠕動(ぜんどう)運動がうまく機能しなくなるなど、機能的な問題によって発症します。 10~40代の若年層に多くみられますが、最近では中高年層の患者数も増えています。生真面目な性格の方や、繊細な方がなりやすい疾患とされていますが、ストレス社会と言われる現代社会では、誰でも発症する可能性のある疾患と言えます。加えて、近年では、脳腸相関(または腸脳相関)という言葉が知られるようになりました。
脳腸関係とは、生き物にとって重要な「脳」と「腸」が、お互い密接に影響を及ぼし合う現象です。まず、ストレスを受けると脳は信号を出します。そして信号は腸へ伝わり、腸の運動に影響が出てきます。過度なストレスや緊張が続くと、腸の収縮運動が過剰になったり痛みを感じやすくなったりするため、腹痛や下痢が起こります。これが顕著に表れるのが、過敏性腸症候群です。

過敏性腸症候群の症状と原因

下記の症状に複数当てはまっている方は、過敏性腸症候群が疑われます。

症状

  • 過敏性腸症候群 症状便秘と下痢を交互に繰り返している
  • 慢性的な便秘に悩んでいる
  • コロコロとした硬くて小さい便が出る
  • 何度も下痢便が出る
  • 下痢をした後はお腹がスッキリする
  • 急に腹痛が起こる
  • お腹が張っている
  • 緊張するとお腹が痛くなる
  • すぐにトイレに行けない場所(電車・学校・会議・試験会場など)にいると不安

「どうせ体質だから」と思い、症状に悩み続けてきた方でも、過敏性腸症候群の可能性は十分高いです。
少しでも心当たりのある方は、ぜひ一度病院へ相談することをお勧めします。

原因

過敏性腸症候群 ストレス

過敏性腸症候群の原因は、はっきりと分かっていませんが、これまでにいくつかの説があがっていますので、ご紹介します。中でも、ストレスによる自律神経の乱れは、過敏性腸症候群の最大の要因との指摘があります。とはいえ、原因がはっきりと分かっていない以上は、ストレス以外のリスクにも着目し、問診・検査で患者様ごとに、総合的に診断することが重要になります。

ストレスによる自律神経の乱れ

ストレスによって自律神経が乱れ、腸管の運動が過剰になったり低下するこで、下痢・便秘が生じるという説です。

腸管や脳の知覚過敏によって必要以上に「腹痛」を感じてしまう

腸管が知覚過敏になっていることで、わずかな刺激が必要以上に「痛み」として感知してしまうという説です。腸管ではなく脳が過敏になっているということも考えられます。

食物アレルギーによる下痢

背景に自覚していない食物アレルギーがあり、これによってその食品を摂取したときに下痢になってしまうという説です。実際に、食物アレルギーの治療(アレルゲンとなる食物の除去や抗アレルギー薬)によって過敏性腸症候群の症状が改善したというケースがあります。

腸管の炎症による下痢

腸管に軽度の炎症があることで、下痢などの症状をきたしているのではないか、という節です。実際に、感染性腸炎のあとに過敏性腸症候群を発症する確率は非常に高くなっています。

もしかして・・過敏性腸症候群かも?セルフチェックしてみましょう

過敏性腸症候群の検査

過敏性腸症候群の確定診断には、大腸カメラ検査が欠かせません。すぐに大腸カメラ検査を行うという方法もありますが、他の疾患との鑑別のためにも、基本的には以下のように段階を踏んで、診断を行います。
なお、過敏性腸症候群と似た症状を持つ他の疾患としては、大腸がん、潰瘍性大腸炎・クローン病などが挙げられます。特に若い方の場合は、潰瘍性大腸炎やクローン病が隠れているということも十分に考えられます。
一次検査
問診

症状、既往歴、家族歴についてお伺いします。なおストレスなど、思い当たる原因がある場合には教えてください。

一般検査

バイタルサイン、触診、採血など、一般的な検査です。

便潜血検査

便を採取し、便の中に血が混じっていないかどうかを調べます。

二次検査

一次検査を受けて診断に至らず、より詳しい検査が必要と判断された場合には、二次検査を行います。

直腸指診

医師が肛門から指を挿入し、潰瘍、ポリープ、がんの有無などを調べます。

大腸カメラ(大腸内視鏡検査)

肛門から内視鏡を挿入し、大腸全体を観察します。
当院では、痛みを抑えた、不快感の少ない大腸カメラ検査を行っています。大腸カメラが苦手という方も、初めて受けるという方も、安心してご相談ください。

敏性腸症候群の診断基準って?

過敏性腸症候群の国際的な診断基準RomeⅣ

「6カ月以上前から症状があり、直近の3カ月間は月に4日以上腹痛が繰り返される」状態であり、
かつ直近の3カ月において以下の項目の2つ以上に該当する場合に、過敏性腸症候群と診断されます。

  • 排便と症状が関連している
  • 排便頻度の変化が見られる
  • 便性状の変化を伴っている
過敏性腸症候群(IBS)の分類RomeⅣ
種類 便の状態
1.便秘型IBS(IBS-C) 硬便・兎糞状便(小さなコロコロした便)の割合が25%以上、軟便・水様便の割合が25%未満
2.下痢型IBS(IBS-D) 軟便・水様便の割合が25%以上、硬便・兎糞状便の割合25%未満
3.混合型IBS(IBS-M) 硬便・兎糞状便、軟便・水様便の割合がいずれも25%以上
4.分類不能型IBS IBS-C・D・Mのいずれにも当てはまらない

どの「型」が一番多いの?男女差はあるの?

  • 男性は「下痢型」が多くなり、女性は「便秘型」が多くなります。
  • 過敏性腸症候群全体としては、女性ホルモンの影響により、男性よりも女性に多く発症します。
  • 20代から、年代を追うごとに有病率は低下していきます。
1.便秘型IBS(IBS-C)

腸管が痙攣を起こすなどして便が正しく運ばれず、腸内に長く停滞するため、硬くなった便を出すときに苦労します(排便困難)。

  • 一般的な便秘とよく似ており、症状だけを確認しても区別することは簡単ではありません。
  • ただし、便秘型IBSは20~30歳くらいの若い女性に多く見られます。(一般的な便秘は高齢者に多い)
2.下痢型IBS(IBS-D)

突然の、腹痛を伴う下痢が認められます。

  • 便秘型IBSとは異なり、便意の心配があるため、外出および通勤・通学に支障をきたすことがあります。
  • 日常生活への支障がストレスとなり、症状をさらに悪化させる悪循環に陥ることがあります。
  • 比較的、20~30代の男性に多く見られます。

下痢型IBS(IBS-D)と通常の下痢との違い

下痢型IBS(IBS-D)は…

  • 主にストレスを原因として発症するものと考えられています。
  • 腹痛、お腹の張り、お腹が鳴る、お腹が不快といった腹部症状を伴います。
  • 排便をすると腹部症状が軽くなります。
3.混合型IBS(IBS-M) 

下痢と便秘の両方が、たびたび起こるタイプです。

  • よく見られるのが、「数日間の便秘ののち、硬い便が出たのをきっかけに、1日数回の下痢が始まる」というパターンです。
  • 下痢型IBS、便秘型IBSと同様、若い方に多く見られます。

過敏性腸症候群の治療

主に、薬物治療と生活習慣・食習慣の改善を行います。

薬物療法

過敏性腸症候群 薬

患者様お一人おひとりの病態に合わせて、腸内環境を整える薬、便中の水分量を調節する薬、乳酸菌製剤、緩下剤腸管などを使用します。精神的な要因(ストレス)が大きいという場合には、神経伝達物質やセロトニンを調整する薬を使用することもあります。

  • 1.ポリフル・コロネル(高分子重合体)
  • 2.セレキノン
  • 3.イリボー(セロトニン受容体(5-HT3受容体)拮抗薬)
  • 4.トランコロン
  • 5.ロペミン
  • 6.ガスモチン(セロトニン受容体(5-HT3受容体)拮抗薬)
  • 7.酸化マグネシウム・モビコール(下剤)
  • 8.リンゼス・アミティーザ・グーフィス(粘膜上皮機能変容薬)
1.ポリフル・コロネル(高分子重合体)

水分を吸収しゲル化することで、便に適度な水分を持たせます。
下痢型・便秘型に対する薬物療法で基本となる薬です。

2.セレキノン

腸管の蠕動運動を調整します。
下痢型・便秘型・混合型のいずれのタイプにも有効です。

3.イリボー(セロトニン受容体(5-HT3受容体)拮抗薬)

腸管の蠕動運動の促進、水分輸送機能の改善といった作用により、下痢を抑制する効果が期待できます。下痢型の特効薬とされており、内臓知覚過敏の改善といった効果も期待できます。

4.トランコロン

活発になりすぎた腸管の働きを抑制します。腹痛が強く現れている下痢型に適しています。反対に、便秘型にはあまり向いていません。やや副作用が強く出ることがあり、前立腺肥大、緑内障(高眼圧のタイプ)のある方には使用できません。

5.ロペミン

下痢止めです。過敏性腸症候群においては、ロペミン以外の下痢止めは推奨されていません。

6.ガスモチン(セロトニン受容体(5-HT3受容体)拮抗薬)

便秘型に対する高い効果が期待でき、ガイドラインでも推奨されています。日本で唯一使用できる5-HT4受容体刺激薬です。ただし、現在のところ過敏性腸症候群に対しては保険適用外です。

7.酸化マグネシウム・モビコール
(下剤)

下剤にはさまざまな種類がありますが、長期に使用する場合には刺激性下剤は推奨されていません。豊富なエビデンスのある浸透圧性下剤がおすすめです。

8.リンゼス・アミティーザ・グーフィス
(粘膜上皮機能変容薬)

腸液の分泌を促進することで、便をやわらかく、送り出しやすくします。
便秘型に有効です。

生活習慣の改善

過敏性腸症候群 生活習慣

食べ過ぎ・飲み過ぎ、刺激物の摂り過ぎ、高カロリー・高脂肪食などはできるだけ避けましょう。また、特定の食品を食べたときに症状が強くなるという場合には、当然ながらその食品を避けなければなりません。
当院では、低FODMAP食を取り入れた「低FODMAP療法」にも取り組んでおります。

過敏性腸症候群になったら知っておきたい食事
アレルギーの可能性がある食べ物

過敏性腸症候群の患者様の中には、食物アレルギーが隠れている可能性がある方もいます。アレルギー反応を起こす食べ物を摂取することで、腹痛や下痢といった症状が起こりやすくなります。

脂質の多い食事

脂質が身体の中で分解されると「脂肪酸」ができます。この脂肪酸が、腸を刺激することで下痢を起こしやすくなります。

香辛料

赤唐辛子の主成分は「カプサイシン」です。このカプサイシンは消化管運動を亢進させる効果を持ち、それによって腹部灼熱感や腹痛を引き起こします。カレーや胡椒、シナモン、ショウガ、ターメリックも関係していると言われています。

カフェイン

大腸(特に直腸S状結腸)の運動を刺激してしまうため、過敏性腸症候群の症状をさらに悪化させてしまいます。
コーヒーや紅茶など、カフェインが含まれた飲み物は控えるようにしましょう。

低FODMAP療法ってどのような食事なの?

発酵性の、吸収されにくい短鎖炭水化物群の食品のことを「高FODMAP食」と呼びます。
低FODMAP療法とは、「高FODMAP食」を避けることで、腸内環境を改善する療法です。低FODMAP療法を3週間継続した過敏性腸症候群の患者様のうち、75%に症状の軽減が認められたという報告があります。

発酵性オリゴ糖が多い食品 小麦粉・大麦・ライ麦・パスタ・らっきょう・たまねぎ・大豆・ひよこ豆・レンズ豆・ニンニク・アスパラガス など
二糖類が多い食品 牛乳・豆乳・ヨーグルト・アイスクリーム・チーズ など
単糖類が多い食品 りんご・スイカ・マンゴー・はちみつ など
ポリオールが多い食品 干し柿・乾燥昆布・ソルビトール・キシリトール など

症状が軽快してからも引き続き注意が必要です

  • 症状が軽快して落ち着いてから(寛解)、再び悪化する(再燃)ことがよくあります。ただし、加齢によって改善していくことが期待できます。
  • 過敏性腸症候群の方は、機能性ディスペプシア、胃食道逆流症を合併する可能性が高くなります。
  • 過敏性腸症候群の方は、うつ状態や強い不安を伴うことが多くなります。
脳腸相関

1ストレス

2視床下部からCRFが分泌

CRF:副腎皮質刺激ホルモン放出因子

3セロトニン分泌に関与

4下部消化管の運動の進行、胃運動の抑制

5腹痛、下痢を惹起

6ストレス

過敏性腸症候群は理解されにくい病気ですが安心してご相談ください

過敏性腸症候群は、「検査で異常が見つからない」病気です。機能性ディスペプシアなども同じように、検査では異常が見つかりません。
しかし特に過敏性腸症候群は、症状の悪化によって、外出が困難になるほどの辛さを伴うことがあります。
こういった病気は、まわりの人からの理解を得られにくいという実態がありますが、私たちは医療従事者です。また当院は消化器を専門とするクリニックです。患者様の辛さを理解しながらも、一緒に希望を持って、診療にあたります。患者様の身体だけでなく、こころにも配慮しながら、お一人おひとりに合った治療を提供して参りますので、どうぞ安心してご相談ください。
053-431-2200 WEB予約 LINE予約